人気のマンション経営で不動産ビジネスを成功|成功への重要ポイント

成功の鍵は家賃設定の仕方

コイン

ネットの活用で相場を調査

不動産投資は株投資や為替投資に比べてリスクが小さいのが特徴です。株などのように一挙に大きな収益を上げることはできませんが、長期間にわたって安定した収入を上げることができます。そのため老後の生活設計としてアパートやマンション経営をする人が増えています。アパートやマンション経営で大事なのは家賃相場をリサーチして、適切な家賃を設定することです。借り主の立場に立てば、同じような間取りと築年数なら家賃の安い方を選ぶからです。家賃設定を間違えると入居者が確保できず、空室が続きます。そうなると家賃収入がなくなります。家賃相場を知るためには、ネットの賃貸サイトを見ればエリア毎に物件情報が出ています。間取りや築年数の情報もわかるので、それをみれば大体の家賃相場を掴むことができます。

人気のあるサブリース契約

ただし周辺エリアの家賃相場に適した家賃設定をしたからといって、すぐに入居者が集まるわけではないのです。アパートやマンションにはそれぞれの立地条件がありますから、借り主からすれば同じ家賃なら日当たりがよい方を選ぶことになります。またマンションの1階より上階の部屋を選びます。このように家賃設定するためには、貸し出す部屋の条件なども考慮する必要があるのです。このような時に便利なのがサブリース契約です。不動産会社にアパートやマンションを一括借り上げしてもらうのです。これによって空室や滞納の心配がなくなり、不動産会社が家賃保証してくれるのでオーナーには人気があります。また建物管理や住民トラブルなどもすべて不動産会社が対応してくれる点も、人気の理由です。